法務手続きの専門サイト

トラブル予防の10ヶ条

  • HOME »
  • トラブル予防の10ヶ条
  1. 世の中にうまい儲け話などは絶対にありえない

  2. むやみに署名や捨印や印鑑を押さないこと

  3. 専門家への相談は早ければ早いほど傷は浅くすむ

  4. 口約束はしない。まずは専門家に相談、後日書面を交わす

  5. 難しいと感じたら、その場で決断しない

  6. わからないことは「わからないと答え」、専門家に相談する

  7. 友人知人の「絶対に迷惑かけない!」のセリフは信じてはダメ

  8. 親しい友人からの勧誘や頼みごとは特に用心警戒をすべし

  9. おだて・ごますり・威嚇はプロの常習手口

  10. まともな会社は電話などでお尋ねや勧誘はしない

お気軽にご相談ください。 TEL 072-949-5214 受付時間9:00 - 20:00(土・日・祝日含む)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

最近の投稿

 ヤフーで学友のひとりが営む明治23年創業の老舗旅館が自己破産をしたことを知った。  同窓会開催に向け、この学友にも誘いの電話をしていたが、多忙を理由に不参加の返事をいただいていた。ビックリしたが、記事を読み込み、老舗旅館の多くが経営難であることを知って納得した。  共に麻雀卓を囲み、仲の良かった学友に連絡をしたが、この二日間音信不通状態。当人は定年で暇を持て余し、ゴルフや飲食にうつつを抜かしていると自認している。酒豪ゆえに、まさか、飲酒が過ぎて脳血管関係の病にでも倒れたのか、と心配していたら、のんきな声で、 「ごめんな、電話もろとって」 「身体、どうもないんか?」 「どうもないよ。ゴルフで忙しくてな・・・」  のんびりした声を聞いて、やれやれした始末。
 8月末、鴨川の床で一杯やることになったが、夜遅く帰るのが億劫ということで同窓3人が泊まることにし、五条のとあるホテルに予約を取ったが、ネットのクチコミでは「幽霊に出逢えるホテル」でかなり有名らしいではないか。  訳あり? たしかに、素泊まりといえ、近辺の相場からするとかなり格安ではある。  しかしだ、幽霊に出逢えるなど、滅多にない話、冥途へのみあげにちょうど良い。逢いたいものだ!   ただし一抹の懸念もある。ビックリ仰天の末、心臓発作とう、そういう類いのものではない。時期が時期だけに、幽霊さんも、お盆でさぞかし忙しかったどうから、この時期は盆休みをしているかもしれない、という不安である。  しつこいようだが、なんとしてでも出逢いたいものである。
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 石井行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.