法務手続きの専門サイト

犯罪収益移転防止法

  • HOME »
  • 犯罪収益移転防止法

h2>犯罪収益移転防止法にご協力ください

平成20年3月1日より犯罪収益移転防止法が施行

目的(第1条関係)

この法律は、犯罪により得た収益をはく奪することの意義や、被害の回復を図ることが重要であるとの観点から、犯罪による収益の移転防止を図るとともに、テロ行為などへの資金供与の防止を確保することにより、国民生活の安全と平穏を確保し、経済活動の健全な発展に寄与するために制定されたものです。

この法律でいう特定事業者(第2条第2項関係)とは、金融機関、ファイナンスリース業者、クレジットカード業者、宅地建物取引業者、貴金属等取引業者、郵便物受取・電話受付サービス業者、弁護士、司法書士、行政書士、公認会計士、税理士等です。

特定事業者(弁護士及び弁護士法人を除く。第4条~第6条関係)は、一定の取引について顧客等の本人特定事項の確認を行うことが義務づけられたとともに、その記録を7年間保存することが義務づけられています。(第7条関係)

また司法書士、行政書士、公認会計士及び税理士を除く特定事業者は、その業務において収受した財産が犯罪による収益である疑いがある場合等には、一定の事項を監督官庁に届け出ることが義務づけられています。(第9条関係)

以上の通り、当事務所も例外なくお客様の身元確認等をさせていただくことになりました。

立法の趣旨をご理解の上、なにとぞご協力くださいますよう、お願い申しあげます。

個人の場合の身元確認書類

  1. 運転免許証、健康保険証
  2. 国民年金手帳
  3. 住民基本台帳カード(氏名、住所、生年月日の記載あるもの)
  4. 旅券(パスポート、外国人登録証明書)等

法人の場合の本人確認書類

  1. 登記事項証明書、印鑑登録証明書等

お気軽にご相談ください。 TEL 072-949-5214 受付時間9:00 - 20:00(土・日・祝日含む)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

最近の投稿

 ヤフーで学友のひとりが営む明治23年創業の老舗旅館が自己破産をしたことを知った。  同窓会開催に向け、この学友にも誘いの電話をしていたが、多忙を理由に不参加の返事をいただいていた。ビックリしたが、記事を読み込み、老舗旅館の多くが経営難であることを知って納得した。  共に麻雀卓を囲み、仲の良かった学友に連絡をしたが、この二日間音信不通状態。当人は定年で暇を持て余し、ゴルフや飲食にうつつを抜かしていると自認している。酒豪ゆえに、まさか、飲酒が過ぎて脳血管関係の病にでも倒れたのか、と心配していたら、のんきな声で、 「ごめんな、電話もろとって」 「身体、どうもないんか?」 「どうもないよ。ゴルフで忙しくてな・・・」  のんびりした声を聞いて、やれやれした始末。
 8月末、鴨川の床で一杯やることになったが、夜遅く帰るのが億劫ということで同窓3人が泊まることにし、五条のとあるホテルに予約を取ったが、ネットのクチコミでは「幽霊に出逢えるホテル」でかなり有名らしいではないか。  訳あり? たしかに、素泊まりといえ、近辺の相場からするとかなり格安ではある。  しかしだ、幽霊に出逢えるなど、滅多にない話、冥途へのみあげにちょうど良い。逢いたいものだ!   ただし一抹の懸念もある。ビックリ仰天の末、心臓発作とう、そういう類いのものではない。時期が時期だけに、幽霊さんも、お盆でさぞかし忙しかったどうから、この時期は盆休みをしているかもしれない、という不安である。  しつこいようだが、なんとしてでも出逢いたいものである。
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 石井行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.