法務手続きの専門サイト

お客様の声

  • HOME »
  • お客様の声

相続後の家屋の件で、大阪市のMさんから

ご指摘通りにうまくことが運びました。副業で文筆業をされているとのことですが、先生の観察力の鋭さ、洞察力には驚きました。ありがとうございました。

不要な商品を買わされた京都市のHさんから

先日アドバイスを頂いたHです。「消費者センターに、相談する」と言うと無事、未使用品の返品を受け付けていただきました。本当に、ありがとうございました。

群馬県前橋市のSさんから

早速のご回答ありがとうございます。 冷静な的確なアドバイス助かりました。私も冷静さを失いかけるかもしれません。 あとの詰めを冷静に行なって、対処いたいと思います。

重ね重ねで3はありますが、本当にありがとうございました。 ところで、今回の事故にあって知らないことをたくさん知りました。 特に行政書士が交通事故のサポートができるとは知りませんでした。

私も能力はありませんが、行政書士試験にチャレンジしたいと思いました。 奇跡が起きたらこちらからメールします。 ありがとうございました。

事業計画書作成の件で藤井寺市のUさんから

これまでどんぶり勘定でずっと商売をしてきましたが、先生の資料等に基づく理詰めの事業計画書や貸借対照表にはびっくりしました。おかげで無事融資が受けることができました。今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。

交通事故の件で奈良県生駒郡のOさんから

先日は事務所にお伺いさせていただき、帰路は駅まで車で送っていただき、また今回につきましても早速のご返信ありがとうございます。石井先生のおっしゃる通りだと思います。このまま結果が出るまで静観させて頂きます。

いつもお忙しい中、ご助言を賜りありがとうございます。今後とも、宜しくお願い申し上げます。

文章添削でご依頼の東京都のTさんから

早々の添削ありがとうございました。大変お手数をおかけいたしました。拙文をみごとに名文に変えていただきある意味感激いたしております。つきましては、さきほど添削代金の振込みをさせていただきました。このたびは本当に助かりました。今後ともよろしくおねがいいたします。

相談者を紹介。名古屋のM行政書士さんより

先日は、ご紹介頂きありがとうございます。早速、ご本人様とご連絡を取りました。御礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。行政書士の先輩として、大学の先輩として今後ともご指導ご鞭撻、よろしくお願いいたします。

建設業許可の件で八尾市の会社社長Tさんから

最近は許可がないと仕事すら回してもらえない。困って二、三の行政書士さんに相談をしたが、いずれも要件が満たないということで申請を断念せざるをえないと諦めていたところ、ネットで貴事務所を拝見、

「×は○にはできませんが、△なら工夫をすれば○くなることもありますよ」  との先生の言葉に希望を見いだし、言葉通りに許可を取ることができました。許可業者ということで銀行の融資も受けやすくなりますし、仕事も請け負いやすくなりました。ありがとうございました。

交通事故の加害者Wさんから

賠償金についていろいろ相談させていただいたWです。このたびは色々なことを教えていただき本当にありがとうございます。治療費の面はしっかり全額払って行こうと思います。物損もしっかり払わないといけないことも分かりました。これから、相手方から賠償金がいくらという提示があるとは思いますが、しっかり自分でそのことを受け止めたいと思います。

示談の時期についても教えていただきましたが、それをするのはしっかり今回の治療費と賠償金を払い終わった後にするのが良いんですよね。

離婚協議書の件で神戸のYさんから

先日は遠路はるばる神戸までお越しいただき、ありがとうございました。先生から、これまでよりこれからが大変なんですよ、と言われ、また少し背筋が伸びたような気がしました。これからは子どもと二人、どんなことがあっても泣き言言わず、頑張るつもりです。ありがとうございました。

産廃収集運搬業で東大阪の会社社長Fさん

リサイクル専門の業者ですが、取引先から「コンプライアンス等のこともあり、今後は産廃収集の許可を取って下さい」と言われ、困っていたら、同業者からの紹介で石井行政書士事務所さんにお願いすることに。営業区域が大阪府下全域と奈良ということで7つの行政庁に許可申請が必要だとわかりましたが、とても迅速に手続等をしていただきました。さすがはプロの方です

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

最近の投稿

 ヤフーで学友のひとりが営む明治23年創業の老舗旅館が自己破産をしたことを知った。  同窓会開催に向け、この学友にも誘いの電話をしていたが、多忙を理由に不参加の返事をいただいていた。ビックリしたが、記事を読み込み、老舗旅館の多くが経営難であることを知って納得した。  共に麻雀卓を囲み、仲の良かった学友に連絡をしたが、この二日間音信不通状態。当人は定年で暇を持て余し、ゴルフや飲食にうつつを抜かしていると自認している。酒豪ゆえに、まさか、飲酒が過ぎて脳血管関係の病にでも倒れたのか、と心配していたら、のんきな声で、 「ごめんな、電話もろとって」 「身体、どうもないんか?」 「どうもないよ。ゴルフで忙しくてな・・・」  のんびりした声を聞いて、やれやれした始末。
 8月末、鴨川の床で一杯やることになったが、夜遅く帰るのが億劫ということで同窓3人が泊まることにし、五条のとあるホテルに予約を取ったが、ネットのクチコミでは「幽霊に出逢えるホテル」でかなり有名らしいではないか。  訳あり? たしかに、素泊まりといえ、近辺の相場からするとかなり格安ではある。  しかしだ、幽霊に出逢えるなど、滅多にない話、冥途へのみあげにちょうど良い。逢いたいものだ!   ただし一抹の懸念もある。ビックリ仰天の末、心臓発作とう、そういう類いのものではない。時期が時期だけに、幽霊さんも、お盆でさぞかし忙しかったどうから、この時期は盆休みをしているかもしれない、という不安である。  しつこいようだが、なんとしてでも出逢いたいものである。
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 石井行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.